CONTENTS

  1. HOME
  2. ブログ
  3. リリースカッターとは
  4. リリースカッターの金額・購入方法について
リリースカッター

リリースカッターの金額・購入方法について

筋膜リリースはメディアでも取り上げられ、多くの人々に注目されています。
身体中に張り巡らされている筋膜を正常な位置に戻すと、肩こりや腰痛・美容などに良い効果をもたらします。

リリースカッターをエステサロンに導入すると、そんな筋膜リリースによる施術がメニューに加わり、他の店舗と差別化が図れるでしょう。
そこで今回は、サロンでリリースカッターを導入するメリットやマシンの金額、購入方法についてご紹介していきましょう。

リリースカッターを導入するとどのようなメリットがある?

リリースカッターは、2019年4月1日に発売されたばかりの筋膜リリースの施術ができる最先端のマシンです。株式会社プロラボソリューションから発売され、専用のグローブを用いて誰でも簡単に筋膜リリースを行える画期的なマシンが提供されています。

リリースカッターお問い合わせ

大きな特徴は、世界初となるECMS(エディ・カレント・マッスル・スティムパレーター)という最先端の技術を採用したこと。
ECMSは、難しい身体の深部にまでアプローチできるという特徴があります。

現在特許出願中でもあり、「カップリング・グローブ」と呼ばれるこの専用のグローブを身に付けると、新しい技術で誰でも簡単に筋膜リリースが行えます。

筋膜リリースは、萎縮したり癒着したりした筋膜をはがし、正常な状態に戻すことです。
しかし、エステサロンに導入するには施術者の技術力によって効果にも大きな差が出ると言われていました。

エステの筋膜リリース
筋膜はがしは痛みを伴うケースもあり、リピーターを確保したいサロンにとっては簡単に導入できるものではなかったのです。
そんな中、リリースカッターは専用グローブを活用すれば施術者の技術に関係なく、質の高い施術が行えます。
電流
軽い力での施術で、誰でも高い効果が実感できるのが大きな魅力と言えるでしょう。
エステサロンにリリースカッターを導入すれば、これまでの施術にメニュー項目がプラスされ、新規の顧客獲得つながるというメリットがあります。

近年はエステサロンの競争が激しく、開業数年で閉店を余儀なくされるところも少なくありません。
しかし、筋膜リリースが加わることで、周辺の店舗との差別化が図れるため新規顧客の獲得につながるほか、リピーター獲得の効果も期待できるでしょう。

施術者の技術力が高くても、顧客は良心的な価格で高い効果が得られるところを探し求めます。
筋膜リリースはメディアでも多く取り上げられており、注目度も高く、高付加価値のサービスが提供できると言えるでしょう。
リリースカッターは最先端の技術を使ったマシンなので、顧客の満足度を高めることもできます。
以上のように、エステサロンにリリースカッターを導入すると様々なメリットがあると言えます。

リリースカッターの金額・購入方法について

リリースカッター

リリースカッターお問い合わせ

では、実際にエステサロンにリリースカッターを導入する際の購入方法をご紹介しましょう。
リリースカッターのマシンの金額は、220万円(税別)です。

発売元である株式会社プロラボソリューションでは、フォースカッターなどの画期的なマシンも提供しています。

フォースカッター詳細サイト

リリースカッターは、プロラボソリューションにおいて購入またはリースにより導入可能です。
購入についてのお問い合わせ、またリリースカッター導入後のメニュー設定などにつきましては、以下ボタンよりお気軽にお問合せください。
リリースカッターについてお問い合わせいただきましたら、専門担当スタッフから詳しい情報や資料を提供いたします。

リリースカッターお問い合わせ

リリースカッター デコルテ
リリースカッター本体の金額だけで見ると、導入を戸惑ってしまうオーナー様もいらっしゃるかもしれません。
しかし、上手にメニューを組むことで早々と本体価格を回収することが可能です。

リリースカッター 効果
リリースカッターを使えばきめ細かなアプローチができるので、顧客満足度UPも期待できます。


また、リリースカッター専用の施術用のポンプ式クリームが用意されているため、施術中の滑りを良くするために使用することをおすすめします。
※施術用クリームは約4000円で消耗品なので、定期的に購入する必要があります。

リリースカッター 専用手袋

リリースカッターでもたらされる効果は、一般社団法人健康情報連携機構の医師も認めており、即効性の高さが評価されています。
これまでエステサロンでの導入が難しいとされてきた筋膜リリースを、リリースカッターによって簡単に実現できるようになったことは、業界に革新をもたらすでしょう。
新たに筋膜リリースをメニューとして取り入れたいという方は、購入もしくはリースを検討してみてはいかがでしょうか?

リリースカッターお問い合わせ

リリースカッターの操作は簡単

「次世代筋膜マシン」と呼ばれるリリースカッターは、あらゆる身体の悩みに対応できます。
筋膜は筋肉の約6倍もの感覚神経を持つと言われており、痛みの根本的な原因は筋膜である可能性が高いです。

筋膜
体内のあらゆる組織はそれぞれ分かれていますが、筋膜は全体に張り巡らされ、つながっている状態です。
例えば、身体のどこかの筋膜で萎縮や癒着が生じた場合、その周辺の筋膜から伝わり他の部位で痛みが生じる場合があります。

筋膜 ねじれ

筋膜は広い範囲に影響が出るため、筋力低下・柔軟性低下などによって普段の生活にも影響が出ると言われているのです。
だからこそ、萎縮したり癒着したりした筋膜をはがし、ほぐすことによって正常な位置に戻す必要があります。

身体中に張り巡らされているため、筋膜は全身へのアプローチが必要になってきます。

リリースカッター 太もも
リリースカッターは顔・首・肩・背中・腰・太もも・ふくらはぎと、身体全体にアプローチできるのが魅力です。
専用グローブを使用した手技による筋膜リリースは、深部まで力が伝わり筋膜がほぐされていきます。

施術時間はわずか10分で、グローブ・タブレット・フットスイッチを使って簡単に操作できます。


10分単位で動作タイマーが設定できるので、時間管理も正確に施術できるでしょう。

タイマー

リリースカッターはパワーや周波数の調整をタブレットで行えるようになっているので、顧客に応じてすぐに対応できるのがポイントです。
また、フットスイッチもパワー・周波数ともに調整可能なので、施術中でも手を使うことなく簡単にコントロールできます。

仕様

名称 RELEASE CUTTER(リリースカッター)
医療機器の分類 非医療用機器(治療目的にはご使用できません)
電撃に対する保護の方式 クラスⅡ相当
準拠する規格 JC9335-1:2003、JC9335-2-209:2007
機器入力
電源
専用AC
アダプター
使用時
動作電圧 AC100~240V
定格周波数 50-60Hz
最大消費電流 0.4A
出力電力 DC5V
最大電流 2.0A
PSE認可品
モバイル
運用時
リチュウムポリマーバッテリー採用
出力仕様 DC5V 2.1A
10,000mAh
保護機能 過電圧、過電流、短絡、温度保護
出力仕様 出力回路 1回路
電圧範囲 0~120V
出力波形 正弦波形等
電流(PMS) 0~12.0mA/1kΩ接続時
周波数 60~1200Hz
動作タイマー 10~60分/10分単位
安全装置 過電流保護ヒューズ50mA、電流監視、過電流保護
※性能向上の為、告知なく使用を変更する場合があります。
その他 本体寸法 横幅270mm×奥行230mm×高さ83mm(突起部は除く)
質量 約1.5kg
使用環境 温度10~40度、湿度30~80%

類似機器との比較

リリースカッター 他社類似機器
目的 広範囲で使用 主に美容目的
ECMS(過電流筋肉刺激) EMS(電流筋肉刺激)
EMS作用 スクリュー状の4D電流 直進的電流
グローブ 素材 銀以外にも複数の特殊素材が
練りこまれている
一般的な銀(Ag)が
主成分の素材
マイクロスパーク※ 起こしにくい 起こしやすい
機器の出力 電流 10mA 0.5mA
波形、周波数 60~1200Hz 0.5~5Hz
深層範囲 深部まで 朝井部分まで

※マイクロスパーク:皮膚に触れた瞬間にパチっとはじける不快感

施術を開始すると、手技と3D EMSの技術によって深部の筋肉にアプローチしますが、その際には微弱な電流が流れます。
対象部位に接触したと同時に電流が流れる仕組みになっているので、急に電流が流れだすのを防げるのも大きな特徴です。


誰でも簡単に操作ができるので、導入後はすぐに筋膜リリースを取り入れられるでしょう。
専用グローブを装着して、熟練されたプロフェッショナルなスキルを再現してみてはいかがでしょうか?

今回は、リリースカッターをエステサロンで導入するメリットやマシンの金額、購入方法などを紹介してきました。

リリースカッターは4月1日に発売されたばかりで、導入しているサロンはまだまだ少ないのが現状です。
しかし、話題性のある筋膜リリースをサロンで取り入れれば、集客効果や顧客満足度を高めるなどのメリットが期待できます。
プロフェッショナルな技術を取り入れて、新規顧客やリピーターをさらに獲得してみてはいかがでしょうか?

リースや分割払いの購入をお希望のオーナー様もお気軽にお問合せくださいませ。

リリースカッターお問い合わせ

関連記事