CONTENTS

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エステでの筋膜リリース
  4. エステでの筋膜リリース は痛い?!
筋膜リリース エステ 痛い

エステでの筋膜リリース は痛い?!

筋肉や骨、内臓を覆っている筋膜が癒着を起こすと、血流やリンパの流れが悪くなり、筋肉も硬くなるのでコリや痛みが発生します。
筋膜リリースは筋膜の癒着をほぐしていく施術で、エステサロンでも導入が進んでいます。

マッサージとは違った施術に、顧客の中には痛いのではないかと不安を持つ方も。
実際、エステで筋膜リリースを受けて痛いと思った方は少なくありません。
筋膜リリースを導入するにあたり、なぜエステなどでの施術で痛みを感じてしまうのか理解しておく必要があります。

筋膜リリースが痛い理由

筋膜リリースの痛みは部位や個人差があります。
そのため、あまり痛みを感じない方もいれば、かなり強い痛みを感じる方も多いでしょう。

筋膜リリース エステサロン

通常、筋膜リリースは強すぎない力加減で、ゆっくり圧をかけて筋膜の癒着をほぐしていく施術です。
強く圧をかけるマッサージに比べると痛みはなさそうなイメージですが、癒着が強固な方は軽い力加減でも痛みを感じてしまいます。

つまり、癒着の度合いによって施術の痛みに個人差があり、痛いと感じている方ほど体が疲れた状態であると言えます。
癒着の原因は様々ですが、運動不足や慢性的なコリ、長時間筋肉に負荷を与えることで筋肉と筋膜は硬くなり、それが癒着へとつながるのです。

筋膜が癒着すると筋肉の動きが妨げるので可動域が狭くなり、体の歪みや代謝の衰え、首・肩コリ、腰痛など様々な不調を起こします。
放置すればどんどん悪化してしまうので、痛みが強い方は筋膜リリースでほぐしていく必要があります。

施術を重ねることで痛みは軽減される

エステで行われる筋膜リリースは90分や120分と施術時間は長めなのが一般的です。
癒着度によっては1度の施術でもすっきりしますが、それでも限られた時間内で行われるため1回では不十分な部分もあります。

筋膜はネットのように広範囲に渡ってつながる組織であるため、原因である1箇所だけではなくその周辺もケアしていく必要があるのです。
きれいな網目状の筋膜に整えるためには施術を重ねる必要があり、施術を行うたびに癒着は剥がれていきます。

筋肉 ネット状
エステサロンの多くは癒着がほどかれていない段階では弱い力加減で行い、筋膜が緩むにしたがって深い圧をかけていくパターンが多いです。
そのため、数回は痛みの感覚がほとんど変わらないかもしれませんが、それでも施術を重ねることで痛みをほとんど感じなくなる方がほとんどです。

中には気持ち良さから眠ってしまう方も珍しくありません。
痛いと感じなくなってきているころには、可動域が広がったり、ボディラインが引き締まったりと何かしら変化が見られるはずです。

エステサロンで顧客に筋膜リリースを行う場合は、始めは痛みがあることと徐々に軽減される旨をちゃんと伝えるようにしましょう。

痛い筋膜リリースを回避するには?

痛みを回避することが難しい筋膜リリースですが、できれば痛みを軽減した施術が望ましいです。
なぜなら、気持ち良くないと継続的に受けられないからです。

顧客は体の悩みを解消するために訪れているのに、痛い施術が続けば苦痛を感じて途中でリタイアしまう恐れがあり、筋膜リリースの効果を実感してもらえません。
そうならないためにも、痛い筋膜リリースは避けなければなりません。

エステサロン

痛い筋膜リリースを回避したい場合は、あえて弱い圧をかけ、10分と短い施術で癒着をほぐしていく方法が良いでしょう。
癒着な強固な方は強い圧をかける必要があり、人よりも痛い施術となってしまいがちです。

しかし、弱い圧なら痛気持ちいい程度で済み、短時間の施術なら不快感を与える心配がありません。
施術時間が短いと十分な効果が得られないのではと心配になるかもしれませんが、筋膜リリースは効果の持続性に優れており、一度癒着がとれれば元に戻りにくい性質があります。

再び筋肉に負荷を与え続ければ再癒着を起こす可能性がありますが、定期的に施術を重ねることで少しずつ筋膜の状態も元に戻すことが可能です。
ただ、10分と短いと全身への施術は非常に難しいので、業務用エステ機器の活用が最適でしょう。

リリースカッターなら効率が良い!

筋膜リリースができる業務用エステをお探しであれば、プロラボソリューションのリリースカッターはいかがでしょうか?


従来の業務用エステ機器は硬い部分を押しあてるため、一点での接触となり、力を入れなくても強い力を筋肉や筋膜に与えてしまいます。
そうなると痛い施術となってしまうので、不快感な思いをする方は少なくないでしょう。

リリースカッターは専用グローブを着用し、素手と変わらない感覚で手技と合わせた気持ち良いと感じる筋膜リリースが可能です。

リリースカッター 専用手袋
微弱電流により深い部分にアプローチできるので、わずか10分でも効果の高い施術を効率良く行えます。

グローブは特殊銀とカーボンコーティングにより、ピリピリとした感じがありません。
また、電流自動調整機能が搭載されているため、対象部位に触れてもいきなり強い電流を感じることはなく、徐々に電流が上がっていく仕様となっています。
この機能により、突然電流が伝わる心配がないので安心して施術を受けてもらえます。

リリースカッターの特徴

リリースカッターがどのような業務用エステ機器なのか、特徴をご紹介します。

独自の3DEMSを採用

リリースカッターは手技に電流を加えることで、効率良く筋肉と筋膜にアプローチできます。
従来のEMSは表面へのアプローチが中心であったため、体の深部にまで届きにくい欠点がありました。

そこで立体的に深部までアプローチ可能な独自の3DEMSを採用しました。
微弱電流を流すことで軽い力でも全身のマッスルケアができ、施術経験が少ない方や力の弱い方でも安定した効果を発揮できます。

フットスイッチで切り替えが楽


電圧と周波数は2つのフットスイッチで簡単に強弱を変更できます。
足で切り替えればいいので、施術に集中しながら変えることが可能です。

なお、電圧は0~120V、周波数は60~1200Hzとなります。
低周波数だと筋膜への効果は3~4時間しか持たないため、それを防ぐために高周波数の仕様となっています。

タイマー機能で時間管理も楽

タイマー
リリースカッターは10~60分の間で連続稼働でき、10分単位でタイマーをセットできます。
タイマーなしだと自分で時間を確認しながら施術をしなければならないため、人によっては集中力を妨げる原因になるでしょう。
タイマー機能を搭載したリリースカッターであれば、時間管理も楽に行えます。

エステシーンでも活用できるリリースカッターの効果

リリースカッターは手技との組み合わせにより、幅広いエステシーンに対応できます。
具体的にどんな効果があるのかご紹介しましょう。

筋膜リリース 効果

コリや痛みを解消

電流

肩や首、腰はコリや痛みが生じやすい場所です。
そのような部位をマッサージするように集中的にケアすることで、コリや痛みの解消につながります。
リラクゼーションメニューとして取り入れることができるでしょう。

痩身効果

美しい体

腕や足、背中、デコルテなどをマッサージすることで、血流やリンパの流れが良くなり、デトックス効果に期待できます。
老廃物の排出が促され、さらに代謝も向上すればすっきりとしたボディラインを実現できます。
フットマッサージと合わせればむくみの解消にも効果的です。

リフトアップ

リリースカッター 顔

リリースカッターはお顔にも使用可能です。
顔は年齢と共に表情筋が衰え、特に日頃から使っていない部分はたるみやすく、老けた印象を与えてしまうでしょう。
リリースカッターの3DEMSが表情筋にアプローチすることで鍛えられるので、たるんだフェイスラインを引き締め、小顔効果を発揮してくれます。

疲労回復

リリースカッター 太もも

筋肉が張った状態で血行や代謝が悪いと、体は疲労物質を溜め込みやすくなります。
筋肉や筋膜をほぐすことで筋肉疲労の回復が早まるため、疲労の改善や予防につながります。
筋膜リリースにより副交感神経が優位になるので、睡眠の質の向上にも効果的です。

美肌効果

美肌

血行が良くなるので血色の良い肌になり、またターンオーバーの正常化で肌表面のザラつきを改善に導いてくれます。
筋膜リリースには肌のハリや弾力に深く関係するコラーゲンやエラスチンを生成する細胞を増やす効果があるので、美肌づくりにも貢献してくれます。

筋膜リリースは癒着が強固な人ほど痛い施術となってしまいます。
それを回避するには弱い力加減かつ短時間の施術が求められますが、技術不足だと最大限の効果が発揮されない可能性があります。

リリースカッターは誰でも簡単に安定した効果を発揮させることができ、エステメニューと組み合わせて筋膜リリースを提供することが可能です。
短時間の施術で回転率と利益アップにもつながるので、気になる方はプロラボソリューションへお問い合わせください。

関連記事